-| 2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

名前をなくした女神 あらすじ 3話 エピソード3 [名前をなくした女神 あらすじ 3話 エピソード3]

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX
価格:17,476円(税込、送料別)



ミネソタジョージのこれありブログで人気の名前をなくした女神 あらすじ シリーズがドラマの最終回を終えた事によって 我がブログも終了ッ!いゃッ・・・ついに独り立ち致しました。

題して名前をなくした女神 あらすじ リターンズ!

名前をなくした女神 DVD発売 が決定し まだまだ盛り上がりのキザシですね・・・。

ブログも終わらせる訳には行きません。

名前をなくした女神 DVD発売前にもう一度、あらすじを振り返ってみましょう・・・。

今回はその第4弾としてエピソード3をお届け致します。

第3話での サブタイトルは 「今、試される親子の絆」

3話ではさすがに子供が絡んでくると 見ていてキツイものがありましたね・・・
健太(藤本哉汰)君の泣き顔をみてて、あまりにも辛すぎました。
何だかワケが分からぬうちに あれよあれよと加害者に仕立て上げられ あげくの果てに 大好きなママからも信じてもらえなくって・・・ う~んッ・・・かわいそう・・・。

と言う事で3話のあらすじは こんな感じでした。

 小学校のお受験を真剣に考え始めた侑子(杏)は、利華子(りょう)、ちひろ(尾野真千子)とともに、東郷チャイルドスクールに入塾を申し込む。東郷チャイルドスクールは、レイナ(木村佳乃)も娘の彩香(小林星蘭)を通わせている、有名なお受験専門の塾だった。

 真央(倉科カナ)は、高校中退という学歴を気にして、娘の羅羅(谷花音)のお受験を諦める。その代わりに真央が目を付けたのは、子役オーディションだった。スタジオでカメラテストを受けた羅羅は、雑誌スタッフからほめられた。大喜びした真央は、これで侑子の息子・健太(藤本哉汰)にリベンジできる、と羅羅に言った。
 健太は、海斗(内田淳貴)、爽(長島暉実)と一緒に、初めて東郷チャイルドスクールで学んだ。侑子は、夢中になって講師の話を聞いている健太の姿に、思わず笑みをもらす。

 塾の帰り、侑子やレイナたちは行きつけのカフェに立ち寄った。その際、侑子たちは、ちひろが体調を崩していると知り、彼女が妊娠しているのではないかと考える。
 皆と別れて先に店を出たちひろは、爽の手を引いて家へと急いだ。英孝(高橋一生)はすでに帰宅していたが、同僚たちを引き連れていたため、上機嫌だった。
 利華子は、圭(KEIJI)の入浴中に、彼の財布に入っていたレシートを携帯電話で撮影する。それは、若い女性に人気のブランドのものだった。

 功治(平山浩行)は、勉強をしていた彩香から、8個のアメを3人で分けるにはどうすればいいのか、と質問される。そこで功治は、彩香が3個欲しいならそう主張して相手を説得しろ、と答えた。レイナは、品のない子になる、と功治を非難し、お受験に対する親たちの在り方を説いた本を手渡す。
 あくる日、ひまわりの子幼稚園で皆と遊ぼうとした健太は、羅羅に邪魔されて仲間外れにされてしまう。『リベンジ』とは『やっつける』という意味だと知った羅羅が、健太のことが嫌いだと言い出したのだ。担任の結城(萩原聖人)は、友だちと離れてひとりで遊んでいる健太に気づき、声をかけた。それを見た羅羅は、健太が何かを言う前に手を引いて皆のところに連れて行く。

 ちひろは、英孝に内緒でパートの面接を受け、採用される。侑子のもとを訪ねたちひろは、パートのことは話さず、協力し合うと約束した塾の送り迎えができなくなったと告げ、爽のことを頼んだ。侑子は、それを快諾し、ちひろとともに幼稚園まで子どもを迎えに行く。そこで侑子は、結城から、健太のようすがおかしかったと教えられる。
 侑子は、拓水(つるの剛士)と話し合い、何かあったときに健太が話しやすい環境を作ろうとする。日曜日、ふたりは健太を連れてピクニックに出かけた。そこで拓水は、困ったことがあったら話すよう健太を諭した。
 彩香は、お気に入りのワンピースとクツが見当たらない、とレイナに話す。実は、真央が羅羅の撮影で使用するために、彩香のものを勝手に持ち出していたからだった。

 別の日、ママ友たちが真央と羅羅を囲んで、雑誌の記事を見ていた。その雑誌には、羅羅がモデルを務めた小さな記事が掲載されていた。だが、同じ雑誌に、街で見かけた親子として、侑子と健太の写真が大きく掲載されていることを知った真央は、ショックを受け、侑子に対して憎しみの目を向ける。
 帰宅したレイナは、玄関の鍵が開いていることに不審を抱く。恐る恐る室内に入ると、そこには功治の母・奈津恵(山本道子)の姿があった。功治が奈津恵にマンションの鍵を渡していたことを知るレイナ。一方、こっそり持ちだした彩香の服を返そうとレイナのもとを訪れた真央は、姑が来ているから、とレイナに追い返されてしまい、困惑する。

 園庭でお迎えを待っていた羅羅は、仲直りをしようと言って健太に近づいた。そこで、仲直りしたかったら腕を強く握れ、と羅羅に言われ、困惑しながらも言われた通りにする健太。羅羅は、お迎えにきたママたちの姿を確認すると、いきなり大声を出し、泣きながら駆け寄った。ママたちは、健太が羅羅をいじめていた、と結城に訴えた。真央も、こういうことは絶対に許さない、と結城に噛みつく。侑子は、健太から話を聞こうとした。しかし健太は、何も言おうとはせず、ただ涙を流すばかりだった。

 侑子は、健太を東郷チャイルドスクールに連れて行く。利華子から、こういうときに休ませてしまうと本人の中で大ごとになってしまうかもしれない、と助言されたのだ。
 子どもたちは、イラストを見てその中から違う種類のものを選ぶ、という授業を受けた。「仲間外れはどれでしょう?」。講師は、健太を指名してそう尋ねた。すると健太は、「仲間外れは…ボクです」と言って涙を流し…。

以上までが3話のあらすじです。

「羅羅、頑張った。リベンジしたよ。」と真央(倉科カナ)に語る羅羅(谷花音)ちゃん 5歳児にして 驚愕するほどの意地の悪さを見せつけてくれました。
お見事としか言いようがありません・・・

この先、羅羅(谷花音)ちゃん も天才子役としてドラマには欠かせない存在となるでしょうね・・・。

ママ友たちのドロドロな関係に 子供達を絡めるのはホドホドにしてくれと思いつつ、最後まで このママ友地獄の恐怖に堪えれるのか・・・ふと感じたエピソード3 でした。 

続きは 名前をなくした女神 DVD-BOX でお楽しみください。

名前をなくした女神 ノベライズ本はこちら・・・
幼稚園で知り合ったママ友たちが繰り広げる、複雑で陰湿な人間模様を完全ノベライズ!
【送料無料】名前をなくした女神

【送料無料】名前をなくした女神
価格:680円(税込、送料別)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

名前をなくした女神 あらすじ 2話 エピソード2 [名前をなくした女神 あらすじ 2話 エピソード2]

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX
価格:17,476円(税込、送料別)



ミネソタジョージのこれありブログで人気の名前をなくした女神 あらすじ シリーズがドラマの最終回を終えた事によって 我がブログも終了ッ!いゃッ・・・ついに独り立ち致しました。

題して名前をなくした女神 あらすじ リターンズ!

名前をなくした女神 DVD発売 が決定し まだまだ盛り上がりのキザシですね・・・。

ブログも終わらせる訳には行きません。

名前をなくした女神 DVD発売前にもう一度、あらすじを振り返ってみましょう・・・。

今回はその第3弾としてエピソード2をお届け致します。

第2話での サブタイトルは 「身も凍る再会」 ここでは まだ ちひろと侑子は中学1年生のとき同じクラスだった。

それくらいの印象しかありませんでした。

まだ この時点では・・・う~んッ・・・どんなママ友地獄が待っているのでしょう。

それでは2話のあらすじはこんな感じでした。

 侑子(杏)は、同じ幼稚園に子どもを通わせていた母親のひとり、雅美(安達祐実)が睡眠薬を飲んで自殺を図ったと知り、大きなショックを受ける。ショックを受けていたのは、侑子の息子・健太(藤本哉汰)も同じだった。健太が『ひまわりの子幼稚園』で最初に仲良くなったのが、雅美の息子・翔(溝口怜冴)なのだ。雅美は、一命はとりとめたものの、意識不明の重体が続いていた。

 その夜、侑子は、夫の拓水(つるの剛士)に雅美の件を報告する。あわせて侑子は、玄関ドアの前に、ひまわりの子幼稚園に子どもを通わせている保護者たちの詳細な情報が記されたファイルが置かれていたことも打ち明けた。しかし侑子は、ファイルに書かれていることが事実かどうかもわからない、といって、それを読もうとはしなかった。実は侑子にそのファイルを届けたのは、ちひろ(尾野真千子)だった。

 あくる日、侑子は、桃組担任の結城(萩原聖人)に健太のことを相談する。健太が、パトカーで母親が収容された病院に連れて行かれた翔のことを心配していたからだ。結城は、子どもたちには翔の母親が入院したとだけ伝えるから、普段通りに明るく接してあげてほしい、と助言した。
 侑子は、健太を連れて雅美が入院している大学病院を訪れた。そこで雅美の夫・尚樹(趙珉和)に会った侑子は、雅美がブログにUPした園児の写真が違法サイトに転載されたことがきっかけで、ママ友たちとの関係が悪化してしまったことを知る。尚樹は、雅美、翔を連れて福岡に引っ越すという。健太と翔は、お互いに大切にしていた宝物を交換して、「また会おうね、元気でね」と言って別れ…。

 幼稚園を後にした侑子は、ちひろ、真央(倉科カナ)、利華子(りょう)、レイナ(木村佳乃)といつものカフェに立ち寄る。レイナたちも、子どもたちのことを心配していた。ちひろは、話題を変えようと、健太に習い事をさせることにしたのか、と侑子に尋ねた。子どもの可能性を考え、その機会を与えるのも親としての役目ではないかと思い始めていた侑子は、お受験を考え始めたことを打ち明け、助言を求めた。ちひろの息子・爽(長島暉実)は英語と算数の塾と体操教室、真央の娘・羅羅(谷花音)はフラダンスとお絵かき教室、利華子の息子・海斗(内田淳貴)はお受験対策の個人塾にそれぞれ通っているという。が、レイナだけは、余計なことは言わずにその場をやり過ごそうとした。すると利華子は、レイナの娘・彩香(小林星蘭)が、お受験で有名な東郷チャイルドスクールに通っていることをバラしてしまう。それがきっかけで、侑子は、利華子たちとともに東郷チャイルドスクールを見学しに行くことになった。

 東郷チャイルドスクールを訪れた健太らは、教室でお絵かきをしている園児たちの姿に興味津々だった。侑子たちは、両親の最終学歴などに関するアンケートにこたえた。高校中退の真央は、レイナと同じ大学名を記入し、夫の陸(五十嵐隼士)も東大卒と偽った。
 東郷チャイルドスクールの塾長・東郷百合子(夏木マリ)は、侑子たちにお受験の意義を説いた。百合子は、お受験は親から子への教養のプレゼントであると同時に、子どもに対する親の思いが試される場でもある、と主張した。故に、両親の学歴や仕事も大事な要素だという。真央が書いたアンケート用紙を見た百合子は、東大なら強い、と断言した。

 東郷チャイルドスクールを後にした侑子たちは、バスで帰路についた。その途中、会社帰りのちひろの夫・英孝(高橋一生)がバスに乗り込んできた。その際ちひろは、英孝が女子高生に痴漢行為をはたらく場面を目撃し、大きなショックを受けてしまう。
 あくる朝、健太を幼稚園に送り届けた侑子は、様子がおかしかったちひろに声をかけ、自宅に誘った。そこでちひろは、侑子と中学1年生のとき同じクラスだった、と切り出す。父親の仕事の都合で転校を繰り返していたせいもあって友だちもなく、いじめに遭っていたちひろを助けたのが侑子だったのだ。「びっくりさせようと思ってね。でも早く言いたくてたまらなかった。だって運命の再会だもんね」とちひろ。しかし侑子は、ちひろのことを覚えていなかった。ちひろは、ショックを隠すかのように、侑子の家を後にした。
 夕方、お受験に関する本を探そうと書店を訪れた侑子は、真央の一家と出会う。が、侑子のことを目障りだと思っている真央は、適当にあいさつだけして書店を出ようとした。その際、真央は、子役オーディションの記事が掲載されている雑誌に目をひかれる。

 誕生日だった利華子は、家族で食事に行くことになっていた。ところが夫の圭(KEIJI)から、急な撮影が入っていけなくなった、という電話が入る。ガッカリする利華子。長男の空斗(今井悠貴)と海斗は、そんな利華子に手作りの誕生日プレゼントを手渡した。
 侑子は、昼間のことを気にしてちひろにメールを送っていた。するとちひろから、明日塾の申し込みに行くから一緒に行かないか、という返信がある。ホッとした侑子は、利華子と真央にもメールを送って誘った。
 翌朝、侑子は健太を幼稚園に送り、そのまま塾の申し込みに行くことにする。ちひろは、侑子が利華子や真央も誘っていたことが面白くない。そこに真央が羅羅を連れてやってきた。しかし真央は、侑子とは目を合わせようともしなかった。真央は、健太と一緒に遊ぶな、と羅羅に告げて…。

以上までが2話のあらすじです。

2話ではいきなり雅美(安達祐実)を一命はとりとめたとは言え自殺に追い込んだママ友地獄・・・ほんとに怖かったですね・・・でも 怖い 怖い・・・なぁんて思いながらも 楽しんでいる あなたの方がもっと 怖いかも・・・

レイナ(木村佳乃)・利華子(りょう)・ちひろ(尾野真千子)・真央(倉科カナ)の家庭の様子をしっかり描き それぞれの女性たちの抱える悩みが 少しずつ浮き彫りにされつつある為、なんて言おうか まるで他人の家庭の秘密を盗み見ているよう 野次馬的な好奇心を掻きたてられながら 知らず知らずの内にママ友地獄にハマっていたエピソード2でした。

続きは 名前をなくした女神 DVD-BOX でお楽しみください。

名前をなくした女神 ノベライズ本はこちら・・・
幼稚園で知り合ったママ友たちが繰り広げる、複雑で陰湿な人間模様を完全ノベライズ!
【送料無料】名前をなくした女神

【送料無料】名前をなくした女神
価格:680円(税込、送料別)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

名前をなくした女神 あらすじ 1話 エピソード1 [名前をなくした女神 あらすじ 1話 エピソード1]

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX
価格:17,476円(税込、送料別)



ミネソタジョージのこれありブログで人気の名前をなくした女神 あらすじ シリーズがドラマの最終回を終えた事によって 我がブログも終了ッ!いゃッ・・・ついに独り立ち致しました。

題して名前をなくした女神 あらすじ リターンズ!

名前をなくした女神 DVD発売 が決定し まだまだ盛り上がりのキザシですね・・・。

ブログも終わらせる訳には行きません。

名前をなくした女神 DVD発売前にもう一度、あらすじを振り返ってみましょう・・・。

今回はその第2弾としてエピソード1をお届け致します。

さて、今回からいよいよストーリーに入って行きます。

皆さん、おぼえていますか、第1話のサブタイトルを・・・

女の闘い開幕! ようこそ、ママ友地獄へ

いきなり恐ろしいタイトルでした。

最終回が終え、今思うと、ほんとの開幕でしたね・・・

タイトルを付けた人に拍手を贈りたいです。

あらすじの方はこんな感じでした。

 短大卒業後、ハウスメーカーに就職した侑子(杏)は、22歳の時、食品メーカーに勤務する秋山拓水(つるの剛士)と結婚した。侑子は、家事にも協力的な拓水のおかげもあって、長男の健太(藤本哉汰)を出産後も仕事を続け、充実した日々を送っていた。だが、頭金を入れてマンションを購入した矢先、侑子は、会社から地方転勤を打診され、退社を余儀なくされる。侑子は、再就職を目指したものの、そうすぐには見つからなかった。拓水は、そんな侑子に、健太もあっという間に大きくなるから側にいて成長を見守ってあげられるのはいましかない、と助言した。

 新しいマンションに引っ越したのを機に、健太は近所の幼稚園『ひまわりの子幼稚園』に通うことになった。健太のクラス・桃組の担任を務めるのは、結城広己(萩原聖人)だ。そこで侑子は、健太と同い年の子を持つ安野ちひろ(尾野真千子)、進藤真央(倉科カナ)、沢田利華子(りょう)、本宮レイナ(木村佳乃)らママ友と知り合う。

 ちひろは、爽(長島暉実)の母親で、幼稚園の役員を務めている。夫の英孝(高橋一生)は銀行員だった。
真央は、トラック運転手の陸(五十嵐隼士)と出来ちゃった結婚をして、18歳で娘の羅羅(谷花音)を出産したヤンキーママ。身の丈に合っていない高級マンションの一番狭いワンルームに暮らしているが、そのローンで家計は火の車だった。しかし、同じマンションに主婦雑誌のカリスマ読者モデルとして知られるレイナが住んでおり、ママ友になれたことが自慢でもあった。

 利華子は、海斗(内田淳貴)の母親で、ベビーグッズのネットショップを経営している。夫は、12歳年下の元人気モデル・圭(KEIJI)。前の夫との間に生まれた、空斗(今井悠貴)という11歳の息子もいた。
 レイナは、彩香(小林星蘭)の母親で、大学までエスカレーター式の名門私立小学校の出身。夫の功治(平山浩行)も、トータルウェディング事業を一代で興したやり手社長として知られていた。彩香に名門幼稚園をお受験させるも不合格に終わったため、小学校受験は失敗できないと強く決意したレイナは、高名な東郷百合子(夏木マリ)が経営するお受験塾に娘を通わせていた。

 専業主婦が周りにいなかったこともあって、侑子は、幼稚園のママ友たちとの付き合いに多少の戸惑いを感じていた。ちひろによれば、他の子どもたちがいるときは写真を撮らない、ブログはやらない、といったルールもあるのだという。お茶に誘われた際、真央からお受験について尋ねられた侑子は、つい「お受験は親のエゴだと思う」などと言ってしまう。それに対して、実は皆お受験を考えているから気をつけた方が良い、と忠告してくれたのは利華子だった。それがきかっけで意気投合した侑子と利華子は、お互いを名前で呼び合うようになった。
 
 そんな折、健太は、彩香のお誕生日会に誘われた。健太は、侑子と一緒にプレゼントを探しに行き、アニメキャラクターの筆箱に決める。侑子は、そんな健太にバースデーカードを書かせ、こっそり買っておいた同じキャラクターのシールを貼ってあげた。

 当日、本宮家を訪れた侑子は、子どものお誕生会とは思えない豪華な料理や飾り付けに圧倒される。ほどなくお誕生会が始まり、彩香は、皆からもらったプレゼントをひとつひとつ開けてその都度大喜びしていた。だが、健太からのプレゼントにはあまり興味を示さなかった。そんな中、涼羽(笹原尚季)が健太が書いたバースデーカードの字が汚いと言い出した挙げ句、カードを足で踏みつけた。

それを見て、思わず涼羽を突き飛ばしてしまう健太。涼羽の母親・ゆかり(春木みさよ)は激怒し、しつけが悪い、と侑子を責めた。
帰り道、健太は、侑子に謝った。健太が、自分の気持ちを考えてくれたことを知った侑子は、涙を堪えて健太を抱きしめた。

 あくる日、レイナは、彩香のお迎えを真央に頼んで、東郷チャイルドスクールの進級説明会に出席する。だが、出席すると約束してくれていた功治は、現れなかった。その帰り、レイナは、道沿いのレストランで仲良さそうに食事をする侑子と拓水の姿を見かける。

 説明会が早く終わったため、真央と一緒に幼稚園に向かったレイナは、彩香が健太と遊んでいて転んでしまい、すり傷を作ってしまったことを知る。レイナは、謝ろうとした侑子に、こんなに乱暴に育てられて何も教えてもらえない子どもがかわいそうだ、子どもは親を選べない、と怒りをぶつけた。

 侑子が公園で健太を遊ばせていると、そこに雅美(安達祐実)がやってきた。雅美は、健太が幼稚園で最初に仲良くなった翔(溝口怜冴)の母親だ。雅美は、落ち込んでいる侑子に、自分たちは初めて母親になったのだから間違えることもある、どんな失敗をしても自分を否定してはいけない、と言って微笑んだ。

 別の日、侑子が掃除をしていると、玄関のチャイムがなった。が、ドアを開けても誰もおらず、リボンをかけた黒い箱だけが置かれていた。不審に思いながらそれを開けると、中にはファイルが入っていた。それは、ひまわりの子幼稚園桃組の園児と保護者に関するデータだった。それを見た侑子は、ゾッとして思わずファイルを落としてしまう。

 侑子が健太を迎えに行くと、幼稚園の前にパトカーが停まっていた。翔をともなって、そのパトカーに乗り込む結城。そこで侑子は、雅美が自殺を図ったことを知り…。

以上までが1話のあらすじです。

初回はまだ軽めに抑えてあって 心かき乱されることなく楽しめました。
侑子(杏)を迎え撃つママ友4人組を演じる木村佳乃さん、りょうさん、尾野真千子さん、倉科カナさんの
それぞれのママたちの個性と 演じている女優さんの雰囲気が絶妙な演技でいいアジをだしていましたね・・・

お受験って親のエゴだと思と あの面子に向かって言い放った時は驚かされました。
陰口を叩くママを注意する正義感までも見せる侑子の雰囲気に杏さんこの役、大丈夫だろうかと違和感を感じてたが、回を重ねる毎に板に付いて来ましたね・・・今にして思えばですけれど・・・

1話では早くも周りのママ達に影響され始めた侑子の生活が、今後どのように変化していくのかDVDの方でも、お楽しみください。

以上が 名前をなくした女神 エピソード1でした。

続きは 名前をなくした女神 DVD-BOX でお楽しみください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

名前をなくした女神 あらすじ エピソード0 [名前をなくした女神 あらすじ エピソード0]

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX

【27%OFF】[DVD] 名前をなくした女神 DVD-BOX
価格:17,476円(税込、送料別)



ミネソタジョージのこれありブログで人気の名前をなくした女神 あらすじ シリーズがドラマの最終回を終えた事によって 我がブログも終了ッ!いゃッ・・・ついに独り立ち致しました。

題して名前をなくした女神 あらすじ リターンズ!

名前をなくした女神 DVD発売 が決定し まだまだ盛り上がりのキザシですね・・・。

ブログも終わらせる訳には行きません。

名前をなくした女神 DVD発売前にもう一度、あらすじを振り返ってみましょう・・・。

今回はその第1弾としてエピソード0をお届け致します。

友情、嫉妬、見栄、ウワサ、建前、嘘、裏切り・・・
小学校の『お受験』を題材に、 5人の『ママ友』の間で繰り広げられる複雑な人間関係 卒業、就職、結婚、出産で終わると思っていた女の闘い しかし、待ち受けていたのは 「ママ友」「お受験」という新たな闘いだった・・・
幸せを模索する全ての女性たちへおくる、 女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマ!
ようこそ、ママ友地獄へ…

少年犯罪、お受験戦争、就職氷河期…子どもを取り巻く環境が、これまでになく暗い現在の日本。その中で、未来の希望となる子どもを育てる母親たち。彼女たちは、姑との関係から夫の給料まで、『妻』として頭を悩ます傍ら、夫にも姑にも相談できない育児についての悩みも抱え込み、『母』としても苦しんでいます。夫のため、子どものため、年老いた親のため、プライドのため、会社のため、家柄のため――いつのまにか「自分のため」という言葉さえ忘れてしまっている彼女たち。「今の自分は、果たして本当の自分なのか?」、そんな永遠に答えの出ない焦燥感や孤独感の中で必死にもがき、心のすき間を埋めるようにして作った、同じように子どもを持つ母親同士の友達、通称『ママ友』。苦しい時には助け合い、悩みを打ち明け合うはずが、そこに競争という概念が加わった途端、自身の奥底に形を潜めていた黒い感情が突如現れ…。

 『名前をなくした女神』では、大学全入時代に突入するからこそ、一層過熱している『お受験戦争』を軸に、一度入ったら抜け出せない『ママ友社会』の光と影を描くことで、母親たちの強さ、脆さ、弱さ、恐ろしさをえぐり出します。これは、そんな闘いに突然巻き込まれた平凡な主婦が、暗くて長いトンネルを抜け出し、光を見出すまでの奮戦記。同時に、一度は見失いそうになった自分を取り戻し、自らの芯の強さ、母性の強さを再び自覚していく、再生のストーリーでもあります。トンネルを抜けた時、彼女の前には、きっと、母として、妻として、そして女として、自分の人生を豊かにするベストな選択肢が待っているはず…。

 主演は、女優デビュー以来、『泣かないと決めた日』『ジョーカー~許されざる捜査官』など、着実にそのキャリアを積み上げている杏さん。ドラマ以外にも映画、CM、舞台、歌と、ますます活躍の場を広げる、彼女が、満を持して連続ドラマ初主演を務めます。

杏さんが演じるのは、5歳の息子を持ち、明るくまっすぐで物おじしない性格の秋山侑子(あきやま ゆうこ・28歳)。短大卒業後にハウスメーカーに勤務し、出産後も息子を保育園に預け仕事を続けていた侑子は、不況のあおりで突然のリストラに遭い、図らずも、専業主婦となります。子どものお受験に関して、これまで無縁でしたが、引っ越しをした先で初めて『ママ友』たちと出会うことにより、息子をお受験させようと決意します。そのお受験を軸に生まれるママ友同士の軋轢や、女同士の社会で生きていくことの息苦しさと難しさから、生まれて初めて、自分の価値観が揺るがされることになり…。

 彼女を取り巻く4人の『ママ友』にも、それぞれ個性的なキャラクター、演技派の女優陣がずらりとそろいました。夫から虐げられているものの、それを悟らせまいと、明るく元気で世話好きな幼稚園の役員ママを懸命に演じる専業主婦・安野ちひろ(あんの ちひろ・28歳)に尾野真千子さん。トラック運転手と出来ちゃった結婚し、18歳で娘を出産した、オシャレに命をかけるヤンキーママ・進藤真央(しんどう まお・23歳)に倉科カナさん。ベビーグッズの輸入ネットショップを立ち上げ、数人のアルバイト社員を抱える女社長・沢田利華子(さわだ りかこ・39歳)にりょうさん。そして、生まれついてのお嬢様で、ベンチャー企業の社長と結婚し、女性誌のカリスマ主婦読者モデルとしても活躍する典型的なセレブママ・本宮レイナ(もとみや れいな・33歳)に木村佳乃さん。彼女たちが形成する『ママ友社会』、そしてそこで繰り広げられる女性同士の闘いが、『名前をなくした女神』の最大の見どころです。

 友情、嫉妬、見栄、ウワサ、建前、嘘、裏切り――小学校の『お受験』を軸に、目まぐるしく交錯する複雑な人間関係。卒業、就職、結婚、出産で終わると思っていた女の闘い。しかし、待ち受けていたのは『ママ友』『お受験』という新たな闘い。ママたちの真の力は、このステージで試されることになります。幸せを模索する全ての女性たちへおくる、女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマDVDもご期待ください!

以上が 名前をなくした女神 エピソード0でした。

続きは 名前をなくした女神 DVD-BOX でお楽しみください。

名前をなくした女神 ノベライズ本はこちら・・・
幼稚園で知り合ったママ友たちが繰り広げる、複雑で陰湿な人間模様を完全ノベライズ!
【送料無料】名前をなくした女神

【送料無料】名前をなくした女神
価格:680円(税込、送料別)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

-|2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます