名前をなくした女神 再放送 あらすじ 最終回 [名前をなくした女神 再放送 2015]

スポンサードリンク


名前をなくした女神 再放送 あらすじ 最終回

さらばママ友地獄!

ついにお受験本番・・・

最後の魔の手が忍び寄る!

それぞれの家族の危機と再生・・・

5人の女神が闘いのあと見出だした答えは?

世界一長い夜が今明ける。

杏さん主演ドラマ「名前をなくした女神」が遂に再放送で帰ってきた。

あの沢尻エリカさん主演ドラマ「ファーストクラス」の原点ともいうこの作品。

まだブレイク前の杏さん、尾野真千子さんは後に朝ドラ女優として大ブレイク!!

いろんな意味で今だから見ておきたいドラマ「名前をなくした女神」

1月23日(金)は最終回の再放送となります。

名前をなくした女神 再放送 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

侑子(杏)が「ママ友」の中で最も信頼をしていた利華子(りょう)が、ついに牙をむいた。

自分の元を離れ、新たに「ドールハウス」の仕事を始める侑子に対する嫉妬心、そして浮気をされた上に、圭(KEIJI)から突きつけられた離婚届が、普段冷静な利華子を精神的に追い詰めたのだ。

入試直前に、利華子に裏切られ願書を捨てられたショックが癒えないままに、侑子はお受験当日を迎える。

願書の件は、ちひろ(尾野真千子)に救われ事なきを得たものの、侑子は言いしれぬ不安感に襲われる。

「明峰学園幼稚舎」をお受験するのは、真央(倉科カナ)の娘・羅羅(谷花音)を除く4人の子供たちであったが、その内の1人がとある事件をきっかけに受験会場に姿を見せない。

受験できなかった子は、果たして誰なのか、そして受験できなかった原因とは一体何だったのか・・・。

物語中盤で明らかになる子供たちの合否は、それぞれの家族にさまざまな影響を及ぼす。

「お受験」をきっかけに、再生に向かう家族がある一方で、最終回にしてドラマ史上最大の悲劇に襲われる家族も・・・。  

子供たちの「お受験」を軸に、「親友」でも「他人」でもない「ママ友」という非常に微妙な関係性の中で、友情、嫉妬、見え、ウワサ、建前、うそ、裏切りといったさまざまな感情を互いにぶつけあってきた侑子、ちひろ、真央、利華子、レイナ(木村佳乃)。

5人の「名前をなくした女神」たちが迎える結末とは?

以上が、名前をなくした女神 再放送 あらすじ 最終回の紹介でした。

名前をなくした女神 8話の再放送は1月22日(木)15時53分~16時47分 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます